膝痛の改善 やさしい整体で膝痛を改善

関節炎による膝痛の症状

膝は、座る・立つ・歩くなどの動作で絶えず体重を支えています。そんな膝の動きを支えているのが膝関節です。膝に痛みが出ると日常生活に支障が出てきます。膝関節は、すねとももの2本の骨が連結する場所を指しています。

様々な動作の際に体重を支え、多くの負担が掛かる膝関節は、下肢の多くの関節と連動しており、骨盤や股関節などの歪みが生じ膝に強い負担が集中すると、強い摩擦を引き起こします。その摩擦が原因で膝関節に炎症を引き起こし、関節炎となり、痛みを伴うようになります。病院では膝関節のレントゲンをとり、骨に異常がなければ鎮痛剤や温熱療法、ヒアルロンサン注射等で対応します。関節炎による膝痛の主な原因は、運動不足による骨盤の歪みがほとんどといって過言では ありません。当院に来られた患者様の90パーセント以上は骨盤の歪みが原因で膝に痛みが出ております。

膝の痛みの改善方法

FUJIカイロプラクティック整体院では、骨盤と股関節などの異常をスクリーニング検査(動診)で調べ骨盤の動きを整える処置をまず先にします。

それだけでも膝関節の動きが回復することはよくあります。しかし、連動する関節の異常が強く、不自然な動きが固定している場合は、骨盤と膝関節の両方から矯正していく必要があります。また膝関節の痛みは炎症(熱)によるものですから、冷却(アイシング)で熱を消していきながら(消炎)膝関節の正常化を図ります。またテーピングや特殊な膜テープ(薬などは塗っていませんが、熱や痛みを和らげます)を貼りながら症状の早期 解決を目指します。

このページのトップへ

膝に水が溜まる理由と症状

炎症というのは「炎」という字を見てもわかるように、熱が発生している状態です。
例えば、膝の関節や軟骨にキズができて炎症を引き起こしたとします。このまま熱を放置すると、熱により骨がとけて変形してしまう可能性があるので、脳がいつもより多く関節に水をためるように命令を出し、炎症部分を冷やそうとします。それが膝に水が溜まる原因です。

「膝に溜まった水を抜く」という行為は、炎症が治まっていない状態にもかかわらず冷却水を抜いてしまうことになります。すると脳が危険を察知して、炎症部分に 再度水を溜める指示を出すのです。人間の身体はとても優秀です。こうした症状を長期間繰り返してしまうと、関節に籠もった熱により骨が変形してしまうことがあるので、注意が必要です。 水を抜くのは最後の手段と考えます。

膝に水が溜まる原因とは

膝に水が溜まった時の改善方法

FUJIカイロプラクティック整体院では膝に炎症がおきる根本原因から改善して、たまった熱を放出する施術を施します。

膝に水がたまる理由は先ほども説明したように膝関節の炎症熱を体内にある豊富にある水を集めて冷まそうとしているのですから、根本的に治すには 膝と連動する骨盤の関節や股関節の動きを整える必要があります。また熱を取るために氷で十分に冷却(アイシング)します。それから『特殊なローラー』で痛んでいる組織を施術します。そして特殊な膜テープ(薬などは塗っていませんが、熱や痛みを和らげます)で患部を軽く圧迫固定します。早い人で数日、遅くとも1週間で水は引くことが多いです。膝の痛みは骨盤がしっかりと安定することが一番大事になってきますので、姿勢指導や運動療法を指導しながら骨盤の安定化を図っていきます。

このページのトップへ

注目!膝痛の原因として考えられるもの

原因症状
骨盤のゆがみ → 歩いたり、立ち座りのときの痛み 階段の昇り降りの痛み 膝関節に水が溜まる
膝を打つ(外傷性) → 膝に水が溜まる 動作時の痛み
水を抜く 温熱療法→ 膝に水が溜まる 変形性膝関節

FUJIカイロプラクティック ホーム

FUJIカイロプラクティック整体院コンテンツ

お客様の声01

お客様の声02

お客様の声03

お客様の声04

お客様の声05

お客様の声06

お客様の声07

お客様の声08

このページのトップへ