痛くない整体とは

痛くない整体

医院や接骨院などでは、牽引器を使って、首や腰の骨の牽引を行っておりますが、当院ではそのような行為はいっさい致しません。人間は重力の中で生活していますので、非重力状態は体に対して、生理的でないという事があります。これは宇宙飛行士が宇宙に出て無重力な状態でいると、骨粗しょう症を含む様々な症状が出ていることからもよくわかります。FUJIカイロプラクティック整体院では、生体潤滑理論にのっとり、やさしい痛くない整体を心がけています。

生体潤滑理論に基づいたやさしい整体

FUJIカイロプラクティック整体院では、生体潤滑理論に基づき、やさしく整体します。

ヒトの体は重力の中でうまく機能するようにできています。関節を例に挙げ解説すると、ヒトの関節は、骨と骨との間に関節包という袋があり、その中には関節液という液状のものが満たされて構成されています。わかりやすく例えると、ガラス板のようなつるつるの板の上にサラダ油などを塗って、もう1枚ガラス板をはさんだようになっています。この上になったガラスを上方に引きはがすようにすると、サラダ油の吸着力で動きません。ところが上からぐっと押さえつけると、バナナの皮をフ踏んだ時のようにズルっと動きます。

これが、生体潤滑理論です。ヒトの体は関節に限らず、様々なところで1Gという重力のもと機能するようにできています。低気圧になるとからだの不調が出てくるのを考えていただくとわかりやすいと思います。よって牽引やボキボキならすような施術は、関節を引きはがすような力が加わってしまい関節を破壊してしまうのです。FUJIカイロプラクティック整体院ではこの生体潤滑理論に基づき、体にやさしい、痛くない施術を致します。

 ※関節を急に捻るような、ポキポキさせる施術は関節に大きな負担をもたらします。例として、指を鳴らすと関節が太くなるのは、関節をポキポキすることにより傷ついた組織を修復する際、壊れた部分の強度を増すために厚くすることが原因なのです。 また、首を鳴らす習慣のある方は、慢性的な頭痛に悩まされる可能性がありますので、習慣の改善を促しています。

FUJIカイロプラクティック ホーム

FUJIカイロプラクティック整体院コンテンツ

お客様の声01

お客様の声02

お客様の声03

お客様の声04

お客様の声05

お客様の声06

お客様の声07

お客様の声08

このページのトップへ