肩こりの改善 やさしい整体で肩こりを改善

肩こりの症状と段階

  • 1. 肩や首が『重い・だるい・こる』
  • 2. 肩や首が『痛い』
  • 3. 肩や首から、背中や腕や頭が『痛い』・・・痛むエリアの拡大
  • 4. 肩や首、背中や腕や頭が『痛み・しびれる』・・・病院の検査によって診断名がつくいろいろな症状、ムチウチ

腰痛の原因と症状

肩や首が『重い・だるい・こる』 (筋肉疲労による肩こり)

長時間のデスクワークなどによるうつむき姿勢や、普段やらない姿勢・スポーツをしたことなどによる純粋な筋肉疲労が原因です。この段階ではからだを筋肉緩和操作(ほぐし)などにより、多くは症状が改善されます。

肩や首が『重い・だるい・こる』の改善方法

FUJIカイロプラクティック整体院では、まず検査をして、骨格が原因で筋肉が緊張しているのか、それとも純粋な筋肉疲労なのかを判断していきます。

そして筋肉疲労と判断したうえで、ソフトな筋肉緩和操作(ほぐし)で緊張を和らげたり、特殊なローラーで筋肉をトリートメントしていきます。(強いマッサージは筋肉を痛めてしまい、かえって筋肉をかたくしてしまいます。)また正しく座れるように、適度な運動で体幹の筋肉をつけることで、正しい姿勢が維持できるようにして肩こりになりにくいように指導してまいります。

肩や首が『痛い』

長時間のデスクワーク・パソコン作業等によるうつむき姿勢の負荷が首周辺にたまると、頭を支える首の骨のズレが生じます。こうなると筋肉の疲労やコリ感が非常に強まり、痛みをともなうようになります。
これが肩や首が『痛い』肩こりです。このステージは、筋肉のこりをマッサージしても筋弛 緩剤をつかっても一時的で、またすぐにこりや痛みがぶり返します。この辛い症状は頭を支えるはずの首の骨が、歪んでしまい正常に頭の重さ(成人だと4キロ)を支えられない状況になると筋肉が硬くなって頭を支えるようになるからです。肩や首が『痛い』肩こりや、首の痛みは、首周辺の筋肉が本来の柔らかさを捨てて、『頭を守っている姿』と考えなくてはなりません。

肩や首が『痛い』肩こりの改善方法

FUJIカイロプラクティック整体院での、肩や首が『痛い』肩こりの施術は、歪んでしまった首の骨がしっかりと頭を支えられるように施術をします。

また首の骨を歪ませてしまった要因を排除しながら、首の骨を支える背骨や骨盤の矯正も必要になってきます。首や背骨の骨の歪みを特殊なローラや手技で矯正していき、骨盤のゆがみを手技や医療用ウォーターベットで整体していきます。また特殊なローラーで硬くなってしまった筋肉をきれいにトリートメントしていきます。そして生活指導や適度な運動療法で体幹の筋肉をつけることで正しい姿勢が維持できるようにして、肩こりになりにくいように指導してまいります。

首・肩・腕の『しびれとだるさ』

肩や首が『痛い』肩こりや、首の痛みが長時間経過すると、首や肩周辺の筋肉がものすごく硬くなってしまい、少しでも筋肉に負担がかかると首や肩・腕周辺の筋肉がものすごく緊張することで、しびれや脱力感を発生させる場合があります。また、首・ 肩・腕の関節の歪みが大きくなると、歪んだ関節では炎症が強くなるので痛むエリアも徐々に拡大していきます。その歪みが身体を支配している「末梢神経」に 影響するようになると、しびれや脱力感が発生してきます。しびれや脱力感が長時間続くと、末梢神経が支配している筋力の低下や皮膚の感覚異常も起きてきます。

首・肩・腕の『しびれとだるさ』の改善方法

FUJIカイロプラクティック整体院では、首・肩・腕の『しびれとだるさ』が出る場合は、症状もかなり進行した状態となっているので、矯正に対して症状が過敏に反応しないように矯正をしていきます。

歪んでしまった首や肩の関節に対しては、特殊なローラーを首・肩・背中に施術を加えていき、背骨の関節の調整と筋肉の緩和操作をしていきます。この調整をすることで、歪んだ関節が矯正されて炎症が弱まることで、刺激されていた末梢神経の影響が少なくなります。また、血流の流れも良くなるので血液の循環も良くなり、傷ついた組織の回復も早くなります。

より身体全体のバランスを確保するためには、首・肩・腕周辺の矯正だけでなく、身体の土台となる骨盤もしっかり矯正をすることが大切になってきます。そして 生活指導や、適度な運動療法で体幹の筋肉をつけることで、正しい姿勢が維持できるようにして肩こりになりにくいように指導してまいります。

このページのトップへ

ムチウチの症状

交通事故やスポーツで頭が強く振られることによって起こります。レントゲンでは異常なしと言われ、首の捻挫と片付けられることが多いですが、しばらくたった後に非常に強い肩こり、頭痛、腕のシビレ等の症状が出てくることが多いです。また天 候によって、症状が悪化することが多いです。また時間を経て症状が出ることが多いので、それが交通外傷によるものだとは患者さん自身がわからなくなっています。レントゲンでは、骨折などの異常がないだけで、関節のゆがみまでは診てくれないのが現状だと思います。多くの場合、上部頚椎と上部胸椎のゆがみが原因となって、いろいろな症状を引き起こすことが多いです。

強い衝撃で頭が振られると、首の骨がずれてしまいそのまま歪んでしまった状態になります。また、首が大きく振られるために胸椎がずれてしまい、よりいっそう、首の不安定感を招いてしまいます。これによって首の中を通っている血管や神経が 引っ張られてしまい、シビレ、頭痛が出てしまうのです。

『ムチウチ』の改善方法

FUJIカイロプラクティック整体院では、特別なスクリーニング検査で、首の骨の歪みを見つけます。そして手技や頚椎矯正用ローラーで首の骨のゆがみを整体していきます。

また強く頭を振られることによる強い炎症が出ていることも大きく問題ですので、首の冷却 (アイシング)をすることで、症状の安定化を目指します。またこのような状態ですと、ちょっとした悪姿勢(頬杖えや横寝など)も治癒を遅らせてしまいます ので、姿勢指導もしっかりと行ってまいります。

このページのトップへ

五十肩

「五十肩」には二種類あります。症状と原因はそれぞれ違うので、治療と経過もおのずと違ってきます。

炎症を温める?

五十肩は、50歳前後の人に起こる、肩関節の疾患です。主な症状は、肩関節の動きの制限と痛みです。整形外科学では、五十肩は「老化」による肩関節の炎症だとされています。基本的な治療は、温熱療法消炎鎮痛薬、運動療法などです。それでもよく ならないときは、ステロイドや神経麻酔薬を注射するようです。
一般的に「五十肩の痛みは炎症だから温めるとよい。」と言われます。しかし考えてみて下さい。ふつう、炎症に熱は加えません。炎症ならば冷やして熱を取るはずです。
股関節と肩関節は後ろ足と前足という、移動肢としての密接な関係があります。人が歩く時は、頭や背骨が安定するように「右足と左腕」「左足と右腕」が、たすきがけの組み合わせとなって前後に同じ動きをします。したがって、一方の股関節の動き が悪くなると、連動する反対側の肩関節の動きが悪くなって炎症を起こすのです。このパターンで発症していれば、「普通の五十肩」です。
「普通の五十肩」への治療法ですが、股関節の動きは骨盤が歪んでいると悪化します。ですから、骨盤を治療して股関節と肩関節の連動を回復することが大切です。そして肩関節を氷のうで冷やし、炎症を消すようにすると消炎鎮痛作用が高まるので、五十肩は治ってきます。

重症の五十肩

五十肩には2種類あります。重症の五十肩の治療について紹介します。
重症の五十肩は、整形外科学的には「カルシウム沈着性肩関節炎」、別名「フローズン・ショルダー=凍結肩」とわれ、腕の骨と肩甲骨がカルシウムで一体化する疾患です 一般的には、温熱療法と運動療法を併用し、ステロイド等の鎮痛薬を処方します。

FUJIカイロプラクティック整体院の考え方

重症の五十肩は、「過去の五十肩の反対側に発症する」ことがよくあり、動きの悪い股関節と同じ側に発生するタイプです。症状は、肩関節の強い運動制限と痛みに、腕のしびれを伴います。
首や肩が痛み、腕がしびれる疾患には、首の椎間板ヘルニア • 変形性頸椎症などがあり、「頚肩腕症」といわれます。重症の五十肩はこの仲間で、慢性的な首や肩の歪みや炎症による「頚肩腕症」と、「肩関節の変形」が合併したものなのです。したがってこの五十肩には、頚肩腕症の治療と肩関節の治療が必要になります。発症の経緯からみても、完治には少し時間がかかります。
この時、肩を温めると表面上の痛みは軽減しますが、関節内部には炎症の熱が慢性的に残ることになり、治癒を遅らせる結果になります。

FUJIカイロプラクティック整体院では、自然の道理に従い、肩関節を氷のうで冷やし、炎症の熱を消すように指導します。

*肩関節の一体化は、肩の冷えによる「凍結」ではなく、慢性的な炎症によるものなので、「焼き付いた肩」と表現した方が適切だと思います。

このページのトップへ

注目!肩こりの原因として考えられるもの

原因症状
長時間のうつむき姿勢・頬杖・枕があってない → 首の骨の配列の乱れによる、首こり・肩こり、頭痛
交通外傷 → 首の配列が一気に乱れ、強い首こり、肩こり・手のしびれ・強い頭痛
骨盤のゆがみ → 骨盤のゆがみから両肩の高さが違い 範囲の広い肩こり、首こり、頭痛、五十肩

その他、一向に症状が改善されないもの、頭痛、血尿、胸部・背中の痛み、腹痛などを併発しているようでしたら「病気による肩こり」の可能性もあります。 病気による肩こりが原因の際には、病院で診察を受け、病気の治療から行う必要があります。

FUJIカイロプラクティック ホーム

FUJIカイロプラクティック整体院コンテンツ

お客様の声01

お客様の声02

お客様の声03

お客様の声04

お客様の声05

お客様の声06

お客様の声07

お客様の声08

このページのトップへ