腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアの改善 やさしい整体で腰痛を改善

ぎっくり腰の症状

ぎっくり腰は、立ったり、座ったり、寝起き、歩くことなど、すべての動作が不自由になる強烈な痛みです。これは背骨が悪いのではなく、その土台である骨盤が悪いのです。いわゆる『骨盤のゆがみ』です。
病院では一般にレントゲンをとり、特別に異常がなければ、急性腰痛症として『安静と消炎剤(内服役、座薬、注射、シップ)』の指導と処置がされます。
また、よく聞かれるコメントとしては『背骨と背骨の間隔が狭くなっている』『背骨のカーブがなくなっている』『背骨が曲がっている』等があげられます。

ぎっくり腰は、症状がひどい場合、一人で歩くことが困難となり、背骨が傾いた状態で来院されます。
背骨を支持する骨盤が不安定な状況(骨盤のゆがみ)にあるため、背骨が傾いてしまうのです。傾き曲がった背骨の筋肉には異常な負担がかかり、急性筋肉炎で激痛が生じます。放っておけば1~3週間もすれば痛みは引きますが、ぎっくり腰は背骨を支える土台である骨盤のゆがみにより起きる症状ですので、根本から改善していかないと慢性化してしまいます。

腰痛の原因と症状

ぎっくり腰の改善方法

FUJIカイロプラクティック整体院では、医療用の特殊なウォーターベットや、手技による整体で背骨を支える骨盤のゆがみを処置していきます。

骨盤の機能を回復させてあげることにより、歪みを矯正して痛みの原因を根本から改善してまいります。 また、痛みのある関節内の筋肉炎には熱(炎症)が存在していますので、患部の『熱取り』(アイシング)をしていきます。

FUJIカイロプラクティック整体院で施術する腰痛改善は、整体で骨盤の機能を回復させてあげることにより歪みを矯正して痛みの原因を根本から改善していきます。

このページのトップへ

ヘルニアの症状と新しい認識について

ヘルニアの症状は腰から足先にかけてしびれや痛みがおこり、歩行やくしゃみなどでも激痛を伴うのが特徴です。立っていることはもちろん、イスに腰掛けたりするのも辛く、状態が悪化すると足に脱力感やマヒがおこります。
『椎間板』というのは、背骨と背骨の間にあります。例えるなら、バームクーヘンの真ん中にゼリーをいれたような形状をしています。 椎間板ヘルニアは、そのゼリーがはみ出した状態です。はみ出したゼリーが腰や足にいく神経を圧迫するため、痛みやシビレが現れるとされてきました。 病院では、CTやMRIなどで診断します。治療は安静を基本として鎮痛薬、局所麻酔、牽引、コルセットの処置がおこなわれます。改善していかないと手術の対象になることも多く見られます。しかし近年は控える傾向にあります。

ヘルニアの手術を控える理由

  • ・手術数年後にヘルニアが再発する可能性が高い
  • ・ゼリー状のものが神経を押しつぶすとは考えにくい。
  • ・健康診断でヘルニアと診断されても、痛みやシビレの症状がまったくない人が多い。

このようにいろいろな学会で発表され、ヘルニアの神経圧迫説は疑問視されています。 一度椎間板ヘルニアといわれた方は骨盤のチェックをお勧めします。

ヘルニアの改善方法

本来、椎間板は中高年になると脱水して薄くなります。ですから、はみでるものがなければヘルニアになりようがありません。 しかし椎間板ヘルニアでなくても、同じように痛みやシビレがでることがあります。骨盤の歪みによるおしりの筋肉の過緊張によるシビレや坐骨の痛みです。

FUJIカイロプラクティック整体院では、骨盤の検査をし、筋肉によるシビレなのか、神経によるシビレなのかをチェックしていきます。

骨盤の歪みからくる筋肉の過緊張であれば、骨盤矯正後、筋肉をほぐしていきます。 神経によるシビレであれば神経の出どころを捉え矯正していき、さらに骨盤を矯正していきます。

このページのトップへ

注目!腰痛の原因として考えられるもの

原因症状
歩行不足・日常の不良姿勢 → ぎっくり腰 腰の痛み、鈍痛
しりもち転倒・膝打ち転倒→ ぎっくり腰 足のしびれ

FUJIカイロプラクティック ホーム

FUJIカイロプラクティック整体院コンテンツ

お客様の声01

お客様の声02

お客様の声03

お客様の声04

お客様の声05

お客様の声06

お客様の声07

お客様の声08

このページのトップへ