骨盤矯正・ゆがみの改善 やさしい整体でゆがみを改善

「骨盤の機能低下」による体の歪み

歩行不足(運動不足)による体の歪み

歩行不足(運動不足)により骨盤の機能が低下すると重心は大きく後ろに傾きます。 靴のカカトの減りが早い方は重心が後ろに傾いている可能性が高いといえます。 そしてカラダはバランスをとり、倒れなくする為に腰を前に突き出す姿勢になります。 さらに頭部のバランスをとる為に、首により頭を少し前に倒す姿勢となります。 こうした姿勢の方は高い枕を好む傾向にあるのが特徴です。 歩行不足(運動不足)からくる骨盤の機能低下が原因で、体全体に歪みが発生し、腰や首に負担が掛かり、筋肉のこりや血流の悪化を引き起こすのです。

骨盤の機能低下による体の歪みの改善方法

からだの歪みは全身にどうしてもいろいろな症状が出やすくなります。しつかりとスクリーニング検査によって全身の状態を把握していきます。そして 患者さまの症状がどうして出てくるのか(原因)、どのように施術してくのか(施術方針)をしっかりと説明していきます。患者さまに私たちの考えを理解して いただいたうえで矯正していきます。しかしやはりこの『骨盤の機能低下による体の歪み』は先述の通り歩行不足によっていろいろな場所に症状が出てきます。 原因は歩行不足です。FUJIカイロプラクティック整体院では、正しい歩行のやり方をしっかりと指導していきます。もちろん矯正をして正しい歩き方が簡単にでき るように、施術していきます。施術後に、歩きやすさにビックリされる方も多くいらっしゃいます。いろいろな場所に不定愁訴をお持ちの方は骨盤機能の低下によって症状が出ている可能性があります。

FUJIカイロプラクティック整体院ではカラダの痛みを根本から改善して、健康維持につなげます。

このページのトップへ

不良姿勢による関節の歪み

不良姿勢による関節のゆがみについて

関節のゆがみを生み出す不良姿勢の一例をご紹介致します。

  • <不良姿勢>
  • ・高枕/頚椎後部が過牽引され、生理的前湾を失う。
  • ・体育座り/尾骨を圧迫し、小児から成長期には側湾の引き金因子にもなる。
  • ・足の投げ出し座り/尾骨を圧迫します。疲れたときにやりがちなポーズ。
    でも背骨が曲がってさらにからだは悲鳴をあげそうです。
  • ・肘枕による横寝/長い習慣により変形を助長します。
  • ・あぐら座り/骨盤が左右にひろがってしまいます。
  • ・足組み座り/骨盤が捻れ、左右に広がってしまいます。

不良姿勢によるからだの歪みが原因でさまざまな症状を引き起こします。あぐら座りや足組み座りなどは骨盤に良くない座り方で、腰痛または肩こりの原因になったり、高枕等は首の骨が牽引されて、首の骨を不安定にし、朝からの慢性的な肩こりやしつこい頭痛の原因に。体育座りにいたっては成長期に、この 姿勢が多いと尾底骨を圧迫し背骨のそくわんの原因になってしまい肩こりや腰痛の原因になってきます。

FUJIカイロプラクティック整体院では、骨格を矯正して 症状を取り除くことはもちろんですが、生活を見直すことで症状を引き起こさないからだ作りを指導してまいります。

FUJIカイロプラクティック ホーム

FUJIカイロプラクティック整体院コンテンツ

お客様の声01

お客様の声02

お客様の声03

お客様の声04

お客様の声05

お客様の声06

お客様の声07

お客様の声08

このページのトップへ